FC2ブログ

2021-04

有名なカイガラムシだった! 121004 - 2012.10.04 Thu

友人の庭にて。
またまた何じゃこりゃである。


m-03526.jpg


m-03529.jpg


m-03528.jpg


写真1枚目の状態で左右6〜7ミリくらい。
最初は虫かどうかさえ疑ったが、よくよく見るとカイガラムシかな?
といった雰囲気。

家に帰って調べてみたら・・・歴史的(?)な虫だった。

「イセリヤカイガラムシ」といい、写真の虫はメス。
白く縞状に膨らんだ部分はロウ質でできた卵のうで、
その中で卵から初期の幼虫まで育つそうだ。

有名だった(知らなかったけど)のは以下に書く防除の歴史だ。

幼虫が柑橘類ほか多数の樹木の害虫。
元々オーストラリア原産で150年程前にアメリカに渡り、
大繁殖して大きな被害が出た。
農薬の効果が薄かったので、その後の研究で
天敵ペダリアテントウが発見され
それによる防除が成功し、現在は激減しているという。

日本で発見されたのは100年程前で、
やはりこのテントウムシによる防除が成功し、続いている。

農業関係のサイトを見ていたら、
この害虫が発生した場合、無闇に薬を使うと
天敵のペダリアテントウが死に、逆効果なので注意が必要らしい。


いや〜また驚きの虫を知ってしまった。 -Y-






--カメムシ目 ワタフキカイガラムシ科--


● COMMENT ●

初めて知りましたー。

こんな珍しい(?)虫が見られれなんて、
Y様なんか持ってますね!

私も初めて見ましたが、見事に材質(?)の
違いがある虫ですねぇ。
卵のう側の方、何か古代ローマ時代の
建造物(神殿?)に見えて仕方ないです(汗)

反対側はレース編みみたい。
(全体的に言ってることがおかしいですね(汗))

こんな虫なら飼ってもいいかなー(笑)。
そんな悪いことしそうな虫でもないけど、
大繁殖すると、小さな虫でも驚異になるんですよね。

Re: 初めて知りましたー。

Katzさん、こんばんは。

そうですよね、材質という言葉が使いたくなりますよね。
調べているなかに「ホイップクリームを絞り出したような」
という表現があって笑ってしまいました。

それにしてもKatzさん、神殿、レース編み、ついには
飼ってもいいかなーのお言葉。
やっぱりいける口じゃあないですか!
そうでないとは言わせませんよー。


管理者にだけ表示を許可する

キアゲハ 幼虫 成長編 110913 «  | BLOG TOP |  » キンバエ ぴかぴか! 121002 

プロフィール

Yaruqi

Author:Yaruqi
Zubolaの奥、Yaruqi です。
カメラで
昆虫採集、植物採集しています。
東京都市部の住宅地で
どれだけ採集できるかな?

なお、動植物の同定は
正確ではありません。

過去記事も是非!

( 訪問の足跡は『Zubolaですが。』
になるかもしれません ) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫いろいろ (15)
昆虫-チョウ目 (80)
昆虫-ハエ目 (31)
昆虫-ハチ目 (18)
昆虫-カメムシ (41)
昆虫-カメムシ目カメムシ以外 (33)
昆虫-甲虫目 (50)
昆虫-バッタ目 (17)
小動物 (15)
蜘蛛 (28)
鳥 (3)
きのこ・菌類など (1)
単友(単子葉植物の雑草友の会) (13)
空地道草コレクション (97)
どどあっぷ (50)
今月の一点 (16)
Z-形態考 (6)
Z-今夢中 (3)
未分類 (7)

ブロとも一覧


Masami.Tのイラスト・表現館 -Kikkai-

Zubolaですが。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR