2017-03

続いてユリカモメ - 2017.03.22 Wed

昨日の記事と同じ池にいっぱいいた小型のカモメ。



N8270-1.jpg
 2017.3.19


カモメ、カモメって普通に口に出しているけど
ホントのところ実態はまったく知らない。



     N8234-2.jpg



それでも不思議な事にカモメって何となく判るよね。

今回登場は東京ではよく耳にする名前。
(東京湾のSAみたいな場所の名前。行ったことないけど)

ユリカモメ(百合鴎)。



     N8238-3.jpg


鳥類のサイトで調べたところ(昆虫と蜘蛛の図鑑はあるが鳥のは無いの)
ユリカモメの特徴としては、

小型のカモメ、頭に灰色のまだら模様があり、嘴と脚が赤く、
背中が灰色で風切り羽が黒い。
背中が灰色カモメは他にもいるが、濃さその他で識別する。

頭の灰色のまだら模様は冬期の羽色で、
夏羽は頭の前半分と顔が真っ黒だって。
サイトの写真を見ると別の鳥かと思う程の違い。

ただしユリカモメは冬しか日本にいないから、夏の姿は見られない。


N8266-4.jpg



池の中の杭に1匹ずつ並んでいる姿は何か微笑ましい。



N8260-5.jpg



今回調べて知った驚くべき事実!
数少ない私のカモメ体験で出会ったのは、ほぼウミネコだったらしいのだ。
ウミネコもカモメの仲間だから間違いでは無いんだけど。

カモメの仲間は大きく分けて
大型(体長60cm程度)、中型(同45cm)、小型(同40cm)の3タイプ。
ユリカモメは小型に、ウミネコは中型に入り、どちらも普通に見られる種類。






--チドリ目 カモメ科--  分布:日本では冬鳥で本州以南に多い



まっ黒でまっ白なカモ - 2017.03.21 Tue

日曜日にぶらりと行ってきた洗足池。

そこに初めて見る水鳥がいた、それも傑作なのが。


N8352-1.jpg
 2017.3.19


大きさはオシドリよりやや大きいくらい。

その黒さと白さがみごとで目が釘付けになった。



     N8354-2.jpg



その名も  キンクロハジロ (金黒羽白)

目が金色、身体が黒、翼が白色。
姿そのまま、なんとも超直球な命名である。
メスは全身が茶色っぽく翼のあたりがやや明るめの茶色(ここでは見かけなかった)

どこを調べても「人相が悪い」と書かれていて同情する。



N8347-3.jpg



↑↓ でもかなり強面なのは確かだ。
   頭の後ろに垂れた一房の黒髪?もいかすぜ!
   なにげに嘴にうすいブルーが入っているのもね。



N8350-4.jpg




↓ 一緒に写っている茶色いのは、コガモかマガモのメスだと思われる。
  水面下の怪しげな影はめちゃ大きいコイ。


     N8273-5.jpg




ちょうど池の入り口の建物で、この池に来る(居る)鳥の写真展をやっていた。
キンクロハジロの判りやすいことといったら!




--カモ目 カモ科--  

分布:夏はユーラシア大陸北部、
   冬は同大陸南部・アフリカ・日本全土にも渡来(道東の一部で繁殖も)



空地道草 ドウダンツツジの種? - 2017.03.17 Fri

冬の間にさっぱりと刈り込まれたドウダンツツジ。

遠くからはいつもの年と同じように、つんつんとした新芽が見えた。

近付いてみて初めて気付いた。これはなんだろう?


     N8066-1.jpg
      2017.3.4


まるで花のような形の、でも枯れたような?

ドウダンツツジの花は子供の頃から馴染み深い、スズランのような形だから
果実だとしてもちょっと違和感がある。



     N8067-2.jpg


中心から延びた棒の先にふくらみが残っているものもある。
種子か、もしくは種子が落ちた跡だろうか?




N8063-3.jpg



そこでこんなの発見。
開いた硬い花びら型のひとつに、とんがり帽子のようなものが付いている。

位置的に、中央の膨らみから剥がれて開いたように見えない?

だとしたら央の膨らみは種子で、これから落ちるのかなあ。

私の調べられる範囲では分からなかったから
今年一年はドウダンツツジを注意して見てみようと思う。



     N8069-4.jpg


新芽は相変わらず好きな姿だった。






--ツツジ科--


登場させてなかったグンバイムシ - 2017.03.05 Sun

月に一度の(にはしたくないのだが)記事・・・。
今までに撮った虫や草たちで登場させていないものが
たくさん溜まってしまった。
しばらくはそんな虫や草たちをアップしようと思う。


グンバイムシという奇妙な昆虫がいる。
いままで3種類記事にしたげれど、今日は4種類目。
 (ひとつは『Zubolaですが。』ブログのほうに)


     N3003-1.jpg
     2015.5.30

シキミ(樒)の木にわんさか、主に葉の裏に。


果実の上にも。

     N3016-2.jpg

この木にはグンバイムシだけでなくヨコバイやハゴロモなど
カメムシ目の昆虫がよく付く。

(以前に載せたアオバハゴロモの記事はこちら → 12


今日のは、トサカグンバイ

体長3mm程で、やはり葉や茎から汁を吸う。
セミなど、カメムシ目の昆虫の大部分(例外もいるよ)と同じだ。


N3001-3.jpg


頭部のふくらみは中空で、薄い膜のような身体とともに
風に乗って遠くに移動するためらしい。


     N3002-4.jpg



何度見ても、グンバイムシの仲間の姿は奇妙で面白く、美しいなあ。





--カメムシ目 グンバイムシ科--  分布:本州以南
YB


 ※過去記事 ナシグンバイエグリグンバイアワダチソウグンバイ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yaruqi

Author:Yaruqi
Zubolaの奥、Yaruqi です。
カメラで
昆虫採集、植物採集しています。
東京都市部の住宅地で
どれだけ採集できるかな?

なお、動植物の同定は
正確ではありません。

過去記事も是非!

( 訪問の足跡は『Zubolaですが。』
になるかもしれません ) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫いろいろ (15)
昆虫-チョウ目 (80)
昆虫-ハエ目 (31)
昆虫-ハチ目 (18)
昆虫-カメムシ (41)
昆虫-カメムシ目カメムシ以外 (33)
昆虫-甲虫目 (50)
昆虫-バッタ目 (17)
小動物 (15)
蜘蛛 (28)
鳥 (3)
きのこ・菌類など (1)
単友(単子葉植物の雑草友の会) (13)
空地道草コレクション (97)
どどあっぷ (50)
今月の一点 (16)
Z-形態考 (6)
Z-今夢中 (3)
未分類 (7)

ブロとも一覧


Masami.Tのイラスト・表現館 -Kikkai-

Zubolaですが。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR