2016-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙に浮く小枝・・・? - 2016.01.26 Tue

昨年の秋のこと。
畑のブロッコリーの葉と葉の空間に浮いている,何かが。



N5430.jpg
 2015.10.31


なんだと思う? 何に見える?



N5431.jpg



行儀の良く左右の前脚を、左右2本ずつピンと揃えてる。



N5433.jpg



そろそろ判ってきた? そうそう、クモなんですよー。



N5434.jpg



その名も アシナガグモ

アシナガグモにも色んなのがいるけど、厳密には分からない。
脚を入れないで体長8mm程だったかな。



N5435.jpg



腹を上に向けて、細いアミの下面に貼り付いている状態。
お腹に白い点々があるのはわかるけど、
どうしても背中側を見ることができなかった。



     N5443.jpg



まるで浮かんでいるようだけど、角度をかえたら見えた。
ちゃんと葉と葉の間にアミを張っていたんだ。

初めて見るクモでうれしかった。
次はぜひ背中側を見せて欲しい。






--クモ目 アシナガグモ科--  分布:全国
TN



スポンサーサイト

どどあっぷ No.45 - 2016.01.16 Sat





N5409dd.jpg








N5425dd.jpg








N5429dd.jpg



魔境三景。













どんびきは・・・











N5409db.jpg

N5425db.jpg

N5429db.jpg
網入り凸凹ガラス



カメムシの子供は面白い - 15 - 2016.01.13 Wed

久々にカメムシの子ども登場!
昨年の秋のことです。



カメムシといってもいつもと少し違う。


N5166-1.jpg
 2015.10.4


公園のちょっと森のようになったところ。
派手ないも虫がいたので写真を撮っていたら、こんなのが急ぎ足で登場。
歩いているのは杭に張ってあるビニール製の綱。



N5184.jpg



カメムシの多くは植物の汁を吸うが、
サシガメという肉食のカメムシもいる。
針のような口吻を小さな昆虫やイモムシ等に刺して体液を吸う。
そのせいか、頭のや口の当たりの形がよく見るカメムシと異なる雰囲気だ。


この日見つけたのは ヤニサシガメ の幼虫。


N5188.jpg


体長は触角を入れないで6〜7mmくらい。
真っ黒な体の表面がテカテカに光っている。
この時は知らなかったけど実際に触るとベタついているそうだ。
それで「ヤニ」サシガメの名を持つ。
脚がコブのように凸凹しているのも特徴だ。

まだ翅が生えていないので体の後ろ半分が裸ん坊。
その上、体の真ん中あたりに左右に分かれた黒い小さな部分が
翅芽(しが)と呼ばれる翅のあかちゃんみたいなもの。


N5192.jpg


そそくさと逃げていく後ろ姿が、なんか笑える。
特に頭の形がね。

そうそう、何故か右の後ろ脚にアリが一匹ぶら下がっていた。
噛み付いているのか? ねばねばにくっ付いちゃって離れられないのか・・・?
(2、3枚目の写真に注目!)






--カメムシ目 サシガメ科--  分布:本州〜九州
HK


なかなか良い感じの、ハエ - 2016.01.06 Wed

この冬は今のところ暖冬のようで、野菜につく虫がいつまでも元気だ。
様々な虫の卵やイモ虫、アブラムシが特に多い。


春菊を摘んでいたらこんなハエがいた。

N5509.jpg
 2015.12.20

5mmにも満たない小さなハえだが、妙に目をひく。
頭と胸部はいかにもハエという感じだが
長めの翅は外側が黒みを帯びてとてもきれいだ。


     N5514.jpg


調べてみるとちょっと笑える名だった。

ヘリグロハナレメイエバエ

漢字にすると 縁黒離れ目家蝿、というところか。
イネ科の植物に来るハエらしいが春菊にいた。
冬だからかな。


N5511.jpg


ハエ類は一般に、オスは左右の複眼が接していてメスは離れている。
でも名に「ハナレメ」と付いているこのハエはどうなんだろう?





--ハエ目 イエバエ科 ハナレメイエバエ亜科--  分布:本州以南
TN


元旦だ初撮りだ! 2 - 2016.01.01 Fri

前記事と同じ山アジサイらしき木の、半分枯れた葉で
小さなテントウムシが一匹日向ぼっこをしていた。

以前に出会っているのですぐに分かった。


N5542b.jpg
 2016.1.1

ほんの3mm程のテントウムシの名は

クモガタテントウ(雲形天道)。

ウドンコ病の菌を食べてくれる、植物にはありがたい虫だ。


     N5561b.jpg


「雲形」の名は体の模様からきているらしい。


     N5564b.jpg





     N5565b.jpg




このブログに登場したテントウムシは現在10種類。

トホシテントウ

ニジュウヤホシテントウ(別名テントウムシダマシ)

ナミテントウ123

ナナホシテントウ12

ムーアシロホシテントウ

クモガタテントウ12

ヒメカメノコテントウ12

アカボシテントウ

キイロテントウ12

ヨツボシテントウ





--甲虫目 テントウムシ科--  分布:本州、九州
HK


元旦だ初撮りだ! 1 - 2016.01.01 Fri

2016年が明けました。
みなさん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。



ということで天気が良いのでカメラ片手に公園へ。

目立つ昆虫がいない季節なので最初から葉っぱめくり。


さてラッキーなことに一発めに初めての虫に出会ったよ。

    
      2016.1.1

動きが素早いからピンボケの1枚だけ。
でも黒い帯と翅の先の2つの黒点がすてきだから載せちゃう。
(念のため上が頭です)

オビヒメヨコバイ(帯 姫 横這)。

体長5mm程。
帯の色や太さの変化が大きく帯の無い個体もいるそうだ。

尻の先から下の方へ視線を移すと、半透明の長細い卵らしきものが3つ。
このヨコバイが産んで移動したようにも見えるが、真相は不明。


ヨコバイ類は大好きなので今までもいくつか載せたので見てね。
オサヨコバイ
ツマグロオオヨコバイ 123
クロスジホソサジヨコバイ
キウイヒメヨコバイ



--カメムシ目 ヨコバイ科 ヒメヨコバイ亜科--  分布:全国
HK

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yaruqi

Author:Yaruqi
Zubolaの奥、Yaruqi です。
カメラで
昆虫採集、植物採集しています。
東京都市部の住宅地で
どれだけ採集できるかな?

なお、動植物の同定は
正確ではありません。

過去記事も是非!

( 訪問の足跡は『Zubolaですが。』
になるかもしれません ) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫いろいろ (15)
昆虫-チョウ目 (80)
昆虫-ハエ目 (31)
昆虫-ハチ目 (18)
昆虫-カメムシ (41)
昆虫-カメムシ目カメムシ以外 (33)
昆虫-甲虫目 (50)
昆虫-バッタ目 (17)
小動物 (15)
蜘蛛 (28)
鳥 (3)
きのこ・菌類など (1)
単友(単子葉植物の雑草友の会) (13)
空地道草コレクション (97)
どどあっぷ (50)
今月の一点 (16)
Z-形態考 (6)
Z-今夢中 (3)
未分類 (7)

ブロとも一覧


Masami.Tのイラスト・表現館 -Kikkai-

Zubolaですが。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。