2015-08

カメムシ卵の話。(長編です) - 2015.08.27 Thu

わが家のベランダに面した網戸には何カ所か、こんなのが付いている。


N6112-1.jpg
 2014.7.2

様子からみてカメムシの卵塊、主はとっくに出ていったあとのだ。
だからカメムシの種類は判らなかった。
剥ぎ取る気もないのでもう3、4年このままだ。


そんなこんなで今年の5月の朝のこと。

めったにベランダに出ないZ氏が
「なんか黒い小さい虫がたくさんいる」と教えてくれた。
(その後はもちろん室内に即退避。)



N2518-2.jpg
 2015.5.16(2枚)


上の殻と同じ形の卵塊(もちろん新品)に、
孵ったばかりらしい幼虫達がしがみ付いているではないか!

うっほー! である。

新しい卵が産みつけられていることに、昨日まで気付かなかったなんて!

  ※カメムシは卵からすぐに成虫に近い形の体で生まれる。(不完全変態)
   蝶や蛾、ハチ、ハエ・・・などは卵 → 芋虫・毛虫・ウジ → さなぎ → 成虫。(完全変態)


     N2524-3.jpg

しっかり寄り添ってあまり動かない。
30分くらい毎に見に行っても、夕方になっても少し位置が変わっているくらいだった。


そして翌早朝、急いで見に行ってみたら空の卵塊を残し幼虫はゼロ。
近くを見回してもそれらしい姿はない。
遅過ぎた! もっと早く起きるべきだった・・・根性無し!

と心の中で自分を罵ったのは言うまでもない。


家にいる時は一日数回はベランダを見てまわるのが習慣。

昼前のこと。

     N2535-4.jpg
      2015.5.17(4枚)

網戸のサッシの枠、枠の上部あたり。


     N2559 (1)-5


いたよー。いるじゃん。やっほーい!


     N2577-6.jpg


これなら種類を調べられる、いつものサイト『幼虫図鑑』。

チャバネアオカメムシ の幼虫だった。(過去記事

過去記事の幼虫は上の黒い幼虫が何回か脱皮したあとの幼虫だ。



そして実は、今日一番見せたかったのは、これ ↓ 卵のふた


良ーくみてね。卵の上面が丸いふたになっているのが判るでしょ?

さらにそのフチに、丸い薄い膜が付いていて中央が針のようになっている部分。
これは幼虫が出るまではふたの内側に入っている。
幼虫が出ようとする時にこの部分が弾けて蓋が開くんだって!

     N2580 (1)-7

この仕掛けを昆虫のブログで見て以来、本物を見たくて見たくて堪らなかったのだ。

今年上半期の一番の収穫!




さて実は、上記の卵塊から20cmほど下にもうひとつ卵塊があったのだが
2日遅れて幼虫が孵った。

これは上の幼虫が出てきたのと同じ日の様子。

N2527-8.jpg
  2015.5.16

中にまだ幼虫がいるのが見える。
卵の形が俵型であるのもこの角度なら判る。


     N2570-9.jpg
      2015.5.17


2日後の朝の様子。
また根性無しで、出てくる瞬間を見ることができなかった。

     N2676-10.jpg
      2015.5.18

↓翌朝。

先の卵塊ではこの時点で幼虫はすっかりいなくなっていたが
今度はまだ残っていた。

     N2756-11.jpg
      2015.5.19(3枚)

しかも横というか裏というかおかしな位置にいる。
網戸に挟まってしまって出られないのかな?


     N2758-12.jpg


下は網戸の内側(部屋の中)から撮った写真。


     N2761-13.jpg


なぜ裏側にいたのかは謎だ。
翌日には全員いなくなっていた。ホッ。







--カメムシ目 カメムシ科--  分布:全国
H1


オンブバッタ二景。 - 2015.08.18 Tue

似たような写真を今までに何度も載せたけど、可愛いから載せちゃう。



N4147.jpg
 2015.9.10





     N4149.jpg



こちらは交尾中。小さいほうがオス。

名前に「オンブ」が付くくらい年中ペアの姿を見る。
だからといっていつも交尾するわけではなくて、
オスはうまいことメスの背中に乗れたら
その時が来るまで降りないでキープするんだって。

ちゃっかりなんだか、間抜けなんだか面白いヤツだ。

因みに、野菜にとっては葉を食べて穴だらけにする「害虫」である。


 過去記事もぜひ→(123
 ※1と2は『Zubolaですが。』の記事。
  この頃は遠慮がちに昆虫を載せていた(虫が苦手の人もいるから)。
  思いっきり出したくなって『・・・覚え書き。』を始めたのでした...。





--バッタ目 オンブバッタ科--  分布:全国
WS


朝のベランダで、可愛い蛾。 - 2015.08.09 Sun

早めの朝、南向きのベランダに陽の光が直接当たらない時間。

夜が明けてやって来たのか、夜を過ごしたのか分からないが
よく探すと結構な確率で昆虫に出会える。



     N3806.jpg
      2015.7.8(以下同じ個体)

この日は、離れたところから見るとちょっと蛍のように見える虫が。

ハチ? 甲虫? それともガかな? と考えながら近寄ってみる。


     N3821.jpg


触角の様子がから、どうやらガのようだ。
調べてみると

ヨツモンキヌバコガ(四紋絹翅小蛾) というガだった。

体長10mmちょっと。
黒い翅は艶があり、4つの黄色い紋ある。名前の通りだ。


     N3815.jpg



ただし、この紋があるのは夏に現れる〈夏型〉で、
〈春型〉には紋が無くて黒一色だそう。

春型だったら地味で目につかなかったかもしれない。
そちらも見てみたいけれど,夏型の黄色い紋はなかなか魅力的だ。






--チョウ目 キヌバコガ科--  分布:ほぼ全国
H1


面白。ハエトリグモの顔 - 2015.08.02 Sun

10日以上ご無沙汰しました。



そこで本日はクモ好きには大人気の、ハエトリグモの顔を・・・。



N3898.jpg
 2015.7.16

アルミサッシの枠にいた、
まだ幼体(昆虫は幼虫、クモは幼体と呼ぶ)のハエトリグモ。


まだほんの4mmくらいのおチビだが、堂々としたこの顔。


     N3899.jpg


クモは昆虫のように複眼は無く、単眼が8個(例外もあり)ある。

ハエトリグモの特徴的な顔は、何といっても正面に並んだ大きな4つの単眼だ。

特に中央の2つがデカい!


     N3900.jpg


上から見ると側面にの小さな単眼が愛らしい。
合計8個だとすると足りないが、2つは小さくて毛に隠れているのだろうか。


たぶん、以前に載せた シラヒゲハエトリ の幼体かと思うがどうかな。

ネコハエトリ の顔もどうぞ。

そうそう、アリグモ もハエトリグモの仲間だから似たような顔だ。



ハエトリグモは網は張らずに,うろつきながらエサを捕まえる。
その為の大きな目玉なのだろう。


[調べて分かったコト]
複眼(小さな個眼の集まり)を持つ昆虫は形をある程度認識できるらしいが,
クモの単眼は8個(=4対)がそれぞれの役割を持ち,
それらを総合して周囲を見る(認識する)とのこと。



ともあれ、傑作な顔である。




--クモ目 ハエトリグモ科--
H1




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yaruqi

Author:Yaruqi
Zubolaの奥、Yaruqi です。
カメラで
昆虫採集、植物採集しています。
東京都市部の住宅地で
どれだけ採集できるかな?

なお、動植物の同定は
正確ではありません。

過去記事も是非!

( 訪問の足跡は『Zubolaですが。』
になるかもしれません ) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫いろいろ (15)
昆虫-チョウ目 (79)
昆虫-ハエ目 (31)
昆虫-ハチ目 (17)
昆虫-カメムシ (41)
昆虫-カメムシ目カメムシ以外 (33)
昆虫-甲虫目 (49)
昆虫-バッタ目 (17)
小動物 (15)
蜘蛛 (28)
鳥 (3)
きのこ・菌類など (1)
単友(単子葉植物の雑草友の会) (13)
空地道草コレクション (97)
どどあっぷ (50)
今月の一点 (16)
Z-形態考 (6)
Z-今夢中 (3)
未分類 (7)

ブロとも一覧


Masami.Tのイラスト・表現館 -Kikkai-

Zubolaですが。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR