2015-06

どどあっぷ No.44 - 2015.06.25 Thu




N3475 (1)c

これはなんでしょう。









N3475 (1)b

すこし引いてみましょう。









N3475 (1)a

もっともっと。















どんびきは・・・

N3475 (1)db
ネジバナ

因みにネジバナは蘭のなかまです。




ありあり?アリグモ 3 - 2015.06.24 Wed

今朝は少し遅めに畑へ行ったのでもう暑熱。
穫るもの穫って帰ろうとしたら...キュウリの支柱に大きな蟻が。


     N3484-1.jpg
      2015.6.24(以下同じ)

いえいえ、これはアリではないよね。


     N3502-2.jpg


老眼鏡かけて近付いて見たらやはり、アリグモだった。

アリグモの仲間でもズバリ、アリグモ

体長10mmくらい。

     N3494-3.jpg



くるりと反対向きになると
左側の脚を2本失っているのがわかった。

     N3510-4.jpg


カメラを嫌がってぴょんと葉の上に跳び降りた。


N3515.jpg


「僕ははクモだから、脚は8本だよ。
2本無くしちゃったけどね。
顔に一番近い左右2本は前に突き出して歩くんだ。
6本脚のアリが触角を動かしているように見えるでしょ?」

     N3519.jpg


「えっ、顔が変だって?
この立派な大アゴは僕たち男の自慢なんだから。
女性はね、アゴが小さいからもっとアリに似ていて
見分けがつかないくらいだよ。」

     N3520.jpg


「またどこかで会うかもしれないから
僕の顔、良ーく覚えておいてね。」


     N3524.jpg




写真がボケボケだけど過去記事2 もぜひ。






--クモ目 ハエトリグモ科--  分布:ほぼ全国
YB


ちょいイリュージョンな、蛾。 - 2015.06.18 Thu

前回と同様、墓地で見つけた不思議な姿のガ。


N3164.jpg
 2015.6.7(以下同じ)

葉の色にくっきりと目立っていた。
細長い三角形で、頭の先が墨に浸けたように黒く、
背に向かってくいっと反っている。


N3170.jpg


その時は分からなかったけど、
写真を見ると何だかとても不思議な感じ。

宙に浮いているみたいじゃない?


N3166.jpg



横から見てやっと脚が1本だけ見える。
止まり方が変わっているのだ。

カバイロキバガ(樺色牙蛾) という名だった。

体長10mmちょい位。
下唇鬚(かしんしゅ)という部分が反り返っているのを、牙に見立てているようだ。
翅の帯模様とその色合いが絶妙。よく見ると点々もある。
翅に沿ってぴったりと体に接している長い触角も、いいなあ。



それに、考えてみればこの浮遊感、この場所にぴったりかも?






--チョウ目 キバガ科--  分布:ほぼ全国
NG


お墓でひらひら、ヒカゲチョウ - 2015.06.13 Sat

わが家の菩提寺は三浦半島の先っちょ。
自然の豊富なところで、斜面にお墓が並んでいる。

日差しの明るい日でも木陰はたくさんある。


N3181-1.jpg
 2015.6.7(以下同じ)

そんな木陰を、地味なチョウが落ち着きなく飛んでいた。
墓地中どこにでも。


N3179-2.jpg


せわしなく飛び回るので、見つけるたびに
近くに来て止まるのをじっと待つことになる。


N3185-3.jpg





N3159-4.jpg


1月に載せたサトキマダラヒカゲ、4月のクロヒカゲに次いで
3種類目のヒカゲチョウだ。

その名もずばり、ヒカゲチョウ(日陰蝶)。

翅を開いた幅で50mm強くらい。
クロヒカゲより色は明るいが、
もようのあれこれがすこしずつ異なる。

運良く翅の表面を見ることができた。
なかなか美しいと思う。

N3188-5.jpg



そして下はヒナタチョウ。
・・・ではなくて日向にいた日陰蝶、ですね。


N3201-6.jpg



翅に蛇の目模様のあるチョウは昔から大好きだ。
ヒカゲチョウではないが
の目模様のチョウを以前アップしたので、見てね。





--チョウ目 タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科--  分布:本州以南
NG


畑のコメツキムシ - 2015.06.01 Mon

毎年春になると、
野菜に掛けた寒冷紗のトンネルの上に
小さなコメツキムシが歩いているのを見かける。
(体長10mmちょい)


N1458.jpg
 2015.4.21(5枚)

今年も4月のある日、8匹程が歩き回っているのに遭遇。

中に2匹、求愛するオスと逃げるメスが。


     N1459.jpg

やっとオスが追いつきメスに乗っかるも、



     N1460.jpg

嫌がって逃げるメス。



     N1461.jpg

オス、再度チャレンジ。あわててるから向きが逆だよ。



N1462.jpg

何度か試みたがとうとうメスは完璧に逃げて行った。




それはさておき。


同じ頃土を掘ると、これも毎年出てくるオレンジ色の芋虫(っぽくないが)。

     N1156.jpg
     (たぶん左側が頭)      2015.4.12(2枚)


軍手の上に載せているから大きさは大体分かるかな。


     N1165.jpg
     (こちらは手前がお尻、たぶん)



これが上の写真のコメツキムシの幼虫であることが、つい最近判明した。



ところが、調べているうちに悩ましい問題が・・・。

コメツキムシの幼虫の多くは、土の中のコガネムシの幼虫など
野菜に害のある昆虫やその幼虫を食べるそうだ。
従って〈益虫〉と呼ばれる。

ところが数種類だけ、植物の根を食べる種類がいてそれは〈害虫〉である。


問題は、今日載せたのはどっちかということ。

クロ(ツヤ)クシコメツキ というのに似ている気がするが

それだと〈害〉の方。
でも似ているのがいっぱいで区別がつかない。


だ、だ、誰か教えてーー!





--甲虫目 コメツキムシ科--
TN


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yaruqi

Author:Yaruqi
Zubolaの奥、Yaruqi です。
カメラで
昆虫採集、植物採集しています。
東京都市部の住宅地で
どれだけ採集できるかな?

なお、動植物の同定は
正確ではありません。

過去記事も是非!

( 訪問の足跡は『Zubolaですが。』
になるかもしれません ) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫いろいろ (15)
昆虫-チョウ目 (79)
昆虫-ハエ目 (31)
昆虫-ハチ目 (17)
昆虫-カメムシ (41)
昆虫-カメムシ目カメムシ以外 (33)
昆虫-甲虫目 (49)
昆虫-バッタ目 (17)
小動物 (15)
蜘蛛 (28)
鳥 (3)
きのこ・菌類など (1)
単友(単子葉植物の雑草友の会) (13)
空地道草コレクション (97)
どどあっぷ (50)
今月の一点 (16)
Z-形態考 (6)
Z-今夢中 (3)
未分類 (7)

ブロとも一覧


Masami.Tのイラスト・表現館 -Kikkai-

Zubolaですが。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR