2015-05

どどあっぷ No.43 - 2015.05.25 Mon





N2686dda.jpg

できたて草団子
















どんびきは・・・







N2686db.jpg
薔薇のつぼみ




サビキコリ - 2015.05.19 Tue

サビキコリ、と聞いて分かる人は昆虫(特に甲虫)好きに違いない。

不思議な言葉の響き。
人なのか物なのか生き物なのか、つかみ所がない感じ。


正体は・・・こんなヤツだ。





N2350.jpg
 2015.5.7

つい最近も登場したコメツキムシの仲間だ。


     N2354.jpg


錆び色をしているので サビキコリ

「キコリ」の部分の意味はいくら調べても判らなかった。
体長15mm程。
胸部の背中側に横並びに二つの突起がある。
成虫は植物、昆虫など雑食だそう。


N2355.jpg

なかなか貫禄のある渋いオヤジみたいでしょ。



コメツキムシの幼虫は、植物の根を食べるので〈害虫〉扱いが多い。

畑で土の中によくいる虫が、あるコメツキムシの幼虫だと知ったので
近々登場させようと思う。






--甲虫目 コメツキムシ科 サビキコリ亜科--  分布:全国
YB


空地道草 ニガナ - 2015.05.12 Tue

辺り一面、黄色い星を蒔いたような草はらを発見。



N2298.jpg
 2015.5.7(7枚)




     N2299.jpg





     N2304.jpg





N2307.jpg


こんなふうな、タンポポを小型にして花びらを少なくしたような花は
とても好きだけれど、種類が多くて区別がつかない。
よーく観察すれば良いのだろうが、
どういう訳か見た途端に頭の中がグチャグチャになる。


N2309.jpg


でもこの花は、花びらの数がはっきりと少ないから判ったよ。

ニガナ(苦菜)。

普通は花びらが5〜7枚で、それ以上だとハナニガナか両者の交雑種らしい。
この辺は5枚は少なく6、7枚が多かった。中には8枚のも。微妙なところだ。
かじると苦いので「苦菜」と呼ばれるそう。
草丈は50cmくらい。


     N2333.jpg


つぼみもいい感じだ。


     N2305-7.jpg


この日から5日目の今日、通りがかりに見たら
すっかり刈り取られて跡形も無かった。



数年前に撮った、同種らしい草の写真を発見。

やっとつぼみを付けたばかりの時。
     N1927.jpg
      2013.4.23



つぼみとしぼんだばかりの花と、綿毛のついた種子も混じった状態。
N3950.jpg
 2013.5.23


2まいとも咲いた花が無いので、ニガナか否かは確かではないけれど。







--キク科 ニガナ属--  分布:全国
HK


当ブログ10種目のテントウムシ - 2015.05.10 Sun

柏の木の葉上にとても目立つテントウムシ発見。


N2233.jpg
 2015.5.6(以下同じ)

早速、黒斑がいくつあるか数えてみた。10個だ。
顔もなかなか可愛らしい。


N2236.jpg


その名もトホシテントウ(十星天道)。

体長7mmくらい、やや大きめのテントウムシだ。
体表に薄く毛が生えているのでツヤが無い。

毛が生えてツヤが無いといえば、前出のニジュウヤホシテントウが思い浮かぶ。

案の定このトホシテントウもテントウムシの小数派、草食性だった。
ニジュウ・・は野菜類の葉を食べる「害虫」だが、
トホシテントウはカラスウリやアマチャヅルが好物なので
「害虫」とは呼ばれていないようだ。


N2238.jpg




     N2243.jpg


よく見ると背中の黒斑がハート型だけれど
もう一匹いた別の個体(↓)はそうではないから、
この程度は個体差なのだろう。


     N2253.jpg



上記以外の当ブログ8種類のテントウムシは以下です。見てみてね。

ナミテントウ123

ナナホシテントウ12

ムーアシロホシテントウ

クモガタテントウ12

ヒメカメノコテントウ12

アカボシテントウ

キイロテントウ12

ヨツボシテントウ







--甲虫目 テントウムシ科 マダラテントウ亜科--  分布:ほぼ全国
YB


夕陽にゆらりと飛ぶカゲロウ - 2015.05.07 Thu

茂った蕗のまわりを頼り無げなカゲロウが数匹。

ゆらゆら飛んだり止まったり。


     N2375b.jpg
      2015.5.7(4枚)

昔からよく見かける薄い緑色の美しい虫。


     N2372b.jpg


顔の左右に2つずつ黒い斑があるところから、

ヨツボシクサカゲロウ(四星臭(草)蜉蝣、蜻蛉)と呼ばれる。

触角を入れないで体調15mmくらい。
幼虫・成虫ともにアブラムシを食べるので「益虫」だ。


     N2382b.jpg


翅脈が美しいし、目もくりっと可愛らしいね。


     N2385b.jpg




卵は「優曇華=うどんげ」などの呼び名を持つこんなの。↓

     N6388.jpg
      2014.7.9

ただし、クサカゲロウの仲間には同様な卵が多いので
上の写真はヨツボシクサカゲロウのものかは分からない。
(時も場所も別)

参考までに過去記事のヤマトクサカゲロウも見てね。




私にとってカゲロウはまさに「夏の夕方」なんだ。






--アミメカゲロウ目 クサカゲロウ科--  分布:全国
YB


牡丹の寺の動くものたち4 黄金虫 - 2015.05.02 Sat

牡丹の花びらが桃色なので、小さいけどすぐに目に入った。

わたしの好きな櫛形の触角の持ち主、コガネムシの仲間だ。


N1610-1.jpg
 2015.4.22

目立った特徴がなく色も地味だ。
でも初めて見るので家に帰ってから調べてみた。


N1607-2.jpg


ウスチャコガネ(薄茶黄金虫)。

見たままそのままの名だなあ。
体長7、8mmくらい。
羽の茶色の濃淡が模様と言うよりムラのような感じ。


N1606-3.jpg

ところが、
こんな地味なコガネムシだけど、初めて知った特徴を持っていた!

甲虫は硬い鎧のような前翅の中に
薄い膜のような後翅がたたんで入っている。
その薄い翅や腹部を硬い翅で守っているのだ。


ウスチャコガネはその硬い前翅がほぼ透明なのだ!
薄〜い茶色の半透明。
だから下に畳まれている翅が透けて見えているというわけ。

翅を広げた写真を見つけたが、半透明の周囲に黒い縁どりがあった。



いや〜びっくりした、面白い、なるほど!
楽しいなあ。






--甲虫目 コガネムシ科 スジコガネ亜科--  分布:本州以南
AT3

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yaruqi

Author:Yaruqi
Zubolaの奥、Yaruqi です。
カメラで
昆虫採集、植物採集しています。
東京都市部の住宅地で
どれだけ採集できるかな?

なお、動植物の同定は
正確ではありません。

過去記事も是非!

( 訪問の足跡は『Zubolaですが。』
になるかもしれません ) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫いろいろ (15)
昆虫-チョウ目 (78)
昆虫-ハエ目 (31)
昆虫-ハチ目 (17)
昆虫-カメムシ (41)
昆虫-カメムシ目カメムシ以外 (33)
昆虫-甲虫目 (48)
昆虫-バッタ目 (17)
小動物 (15)
蜘蛛 (28)
鳥 (3)
きのこ・菌類など (1)
単友(単子葉植物の雑草友の会) (13)
空地道草コレクション (97)
どどあっぷ (50)
今月の一点 (15)
Z-形態考 (6)
Z-今夢中 (3)
未分類 (7)

ブロとも一覧


Masami.Tのイラスト・表現館 -Kikkai-

Zubolaですが。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR