2014-04

空地道草 ハハコグサ - 2014.04.30 Wed



     N3513-1.jpg
      2014.4.27


N1235-2.jpg
 2013.4.14

どこか懐かしい空気が漂う草。

     N1491-3.jpg
      2013.4.16

ハハコグサ(母子草)。

N1708-4.jpg
 2013.4.18

葉も茎も綿毛まみれだ。

ツボミなんか薄い袋に入っているみたい。
     N0407-5.jpg
      2013.4.5

ひとつの花のように見えるそれぞれが、小さな筒状の花の集まりだ。

例えば小菊の、外側を縁どる花(それぞれが花びら1枚の花)を
取り払った中心部分みたいなものだ。

     N1490-6.jpg
      2013.4.16


わたしが子供の頃は、薄い紙とか布の切れ端とかが宝物だった。
ハハコグサを花の下あたりでむしると出てくる
ふわっとした毛も、そんな宝物のひとつ。

久しぶりにちぎってみたよ。

     N3516-7.jpg
      2014.4.27

ほら、ね、真綿みたいでしょ。





     N8050-8.jpg
      2013.8.11



春の七草のオギョウ(御形)はハハコグサのこと。

--キク科 ハハコグサ属--


アブラムシは脱皮中 - 2014.04.27 Sun

これは、まだ花殻が付いている
初々しいカラスノエンドウの果実(豆の莢)。



     N3301.jpg
      2014.4.26(以下同じ)

? 何かいる?
見たこと無いような細長いアブラムシか?


・・っと思ったら脱皮しているまっ最中だった。

トリミングして拡大、よーく見てみると。


N3300.jpg


斜め横からも。

N3304.jpg



みずみずしい緑色のカメムシも可愛らしいけど、
それよりも脱皮殻のほうに目が釘付け。

黒い部分をよーく見て。
6本の脚、お尻の2本の突起、長い触角、全部ちゃんとある。
完全な形で。

凄いな、きれいだな、良くできているなー。
しかも出て来たアブラムシは、ちゃんと一回り大きくなっている。

おみごと!



美しい模様の翅、ハエ - 2014.04.26 Sat

朝早く草むらでヘビイチゴを見ていたら、黒い2つの点々が目に入った。


N3171.jpg
 2014.4.26(2枚とも)

近くに寄って良く見てみたら...。


N3172.jpg


なんと模様の美しいハエ。

調べたら、ツマホシケブカミバエ(実蝿)

という、体長5mmほどの小さなハエだった。

面白いことに、このバエは踊る。
YouTubeにも「ツマホシケブカミバエのダンス」というのが
いくつもアップされていた。
左右の翅を交互に上から横へと回転させるように動かす。

ある昆虫関連のブログに書かれていたのは、
近付いて来たアリに向かってこの動作をしたら、アリが退散したそうだ。
黒い模様だけが目立ち、それが動く生き物に見えるのではないかとの推測が。

見てみたいなあ。




--ハエ目 ミバエ科--


空地道草 セリバヒエンソウ - 2014.04.24 Thu

昨年初めて見つけた、とても変わった形の花。
すぐに取り除かれてしまって、その後は見かけなかった。
ぜひもう一度見たい、と思っていたら出会ったー!


     N3080-1.jpg
 2014.4.24(以下同じ)

不思議な花でしょ?

N3065-2.jpg

見つかったといってもこんなに小さい株がひとつだけ。
高さ20cmくらい。
自然の中でならもっと大きく育つのだろうか。

     N3090-3.jpg

花の作りがどこがどうなっているのか
さっぱり判らないので、調べてみた。

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)。

花の形を燕の飛ぶ姿に見立て、葉が芹に似ているからだそう。

     N3100-4.jpg

花びらに見える5枚の細長いものはガクで、
そのうちの上の一枚は「距=キョ」という長い袋状に伸びている。
花びらは中央から突き出した上2枚、下2枚での合計4枚。

突き出た長い「距」が独特の雰囲気をだしている。


また無くなってしまうといけないので、たくさん写真を撮った。

花のアップ。
     N3089-5.jpg

上から見る。
     N3083-6.jpg

つぼみでも既に「距」がある。
     N3097-7.jpg

若い果実。
     N3099-8.jpg

熟しつつある果実。
     N1145-9.jpg
      これのみ 2013.4.13

この果実は熟すと開いて中から種子が飛び出すそうだ。

その種子がまた、見事に面白い形をしているのだ!
まん丸で、ぐるぐると渦を巻いたようなヒダがあって・・・。
ああ、本物を見たいよー。
それまで元気でいてくれー!


明治時代に中国から渡来、関東地方に分布。
少しずつ東海地方に分布を広げているとのこと。
有毒。

--キンポウゲ科 オオヒエンソウ属--


ヤモリを撮るチャンス! - 2014.04.20 Sun

ベランダの隅に立てかけてあったものをどかしたら。
するするっと何かが...。

ヤモリだ。


N2973.jpg


よく見る間もなく、すぐ横の植木鉢の下に素早く逃げ込んだ。


N2981.jpg


窓や壁に張り付いているんじゃない、歩いているヤモリ。
絶好のチャンスなので植木鉢をそうっと退かしてみた。


N2977.jpg


出てくるとほんの少しの間止まるというか、固まっている。
そこでパチリ。
物陰にいたせいか体色が黒っぽい。


N2983.jpg


また潜る、鉢をどかす、潜る・・・を数回繰り返して
写真を撮らせてもらった。


N2978.jpg


張り付いている姿は、足先がぷっくり丸くて可愛らしいけれど、
今日の姿はちょっと強面で貫禄たっぷり。


N2976.jpg


肌寒いベランダで走らせてしまい申し訳ない。
ゆっくり休んでください。



ヤモリ(ニホンヤモリ=日本守宮) 分布:秋田以南九州まで

--爬虫綱 有鱗目 ヤモリ科--


カブの葉上でモンシロチョウが。 - 2014.04.16 Wed

朝の畑。
カブの葉っぱの上でモンシロチョウが交尾していた。


N2785.jpg
 2014.4.13(以下同じ)

近づいてみた。

     N2789.jpg

いつからこうしているのか、
まだ朝の気温が低めなのせいなのか、ほとんど動かない。

N2791.jpg


おかげで接写が楽々できた。
顔をいろんな方向から撮る。


以下は接写をさらにトリミングして拡大したもの。
ストローの巻きや触角の節も判っておもしろい。

     N2793.jpg


     N2813.jpg



     N2802.jpg



     N2807.jpg



     N2808.jpg



畑から帰る頃には陽が高くなって暖まってきたらしく、
翅が少し開いていた。




※以前載せた、産卵しているようすはこちら→



空地道草 シロバナタンポポ - 2014.04.14 Mon

おっと、こんなところに。



N2641.jpg
 2014.4.8(以下同じ)


シロバナタンポポだ!


N2644.jpg


小学校の校舎裏、雑然として生徒は入れない所。


N2649.jpg


もちろん私も入れなくて、金網の外から撮ったからボケボケ。


N2645.jpg



N2646.jpg


シロバナタンポポは西日本の植物だ。
私にとって子供の時からタンポポ = 黄色。

逆に「タンポポといえば白でしょ。」という地域もあるという。
タンポポの咲いた思い出の風景が、
「白い花があたり一面」と「黄色い花がそこら中」・・・。
面白くて不思議だなぁ。


まれに東日本でも見られると聞いたことがあるけど、
ご近所で出会えるなんてびっくりしたよ。





--キク科 タンポポ属--


アッ、アメンボだー! - 2014.04.12 Sat

用事のすんだ帰り道、クレマチスさんの庭よこを通りがかったら
「今日メダカを100匹買ってきたのよー」の声。
さっそく庭先の睡蓮鉢をのぞき込んだら・・・。


N2724.jpg
 2014.4.10(以下同じ)

アメンボがいるよー! 
思わず大声で叫んでしまった。
クレマチスさんは気がついていず、びっくりして、えーって。

もう夕方で暗くなりかけていたので、
翌日カメラ片手に再訪したのは言うまでもない。


N2716.jpg



N2713.jpg



N2723.jpg


これこれ、この脚の先と水面との接点の面白さ。
アメンボの醍醐味だよね!

それにしてもどこからやって来たのだろう?
メダカと一緒に、お店から付いて来たものと思ったんだけど
お家の方が「入れる前にもういた」と。

近くに池も川もないが、翅があるから飛んで来たには違いない。
思いがけないことがあるものだな〜。



たぶん、ヒメアメンボ

アメンボはカメムシの仲間だと初めて知った。
「水生カメムシ」とさえ呼ばれるらしい。
カメムシの多様さったらすごいもんだ。

肉食で水に落ちた昆虫などを食べるそうだ。





--カメムシ目 アメンボ科--



空地道草 アメリカオニアザミ - 2014.04.08 Tue

満を持して、というか待ちきれなくて出すことにした。
なぜなら花が咲いている姿を見たことが無いから。


アメリカオニアザミ(亜米利加鬼薊)。

始めて見たのは一昨年のこと。

     04071.jpg
      2012.10.21(この写真含め3枚)


04072.jpg



     04074.jpg


公園の一角で、見事なトゲだらけの姿を発見。
残念なことにつぼみと、萎んだ花しか残っていない。


次に見たのは昨年の春。

N2263.jpg
 2013.4.28


そして夏、今度は道ばただ。高さは50cmほど。

     N4387.jpg
      2013.6.4(2枚)


つぼみの刺の美しさにみとれてしまった。

N4394.jpg



そして今年、まさに今。

まだまだ幼株ながら、見事な鬼っぷり、怪物ぶりを発見。

これで直径30cmくらい。
N2254.jpg
 2014.3.29(2枚)


N2255.jpg

植物ではなく、何か得体の知れない生き物が
たくさん這い回っているようだ。


N2422.jpg
 2014.4.2(2枚)



     N2423.jpg



昨年、どうしても花が見たくて生えていた場所に行ってみたが、
影も形も無かった。

実はこの植物、「見つけたらただちに抜いて処分するように」と、
どこを調べても書いてある。

繁殖力が猛烈に強く在来の植物を駆逐したり
鋭いトゲのせいで家畜などに被害を与えるため、
外来生物法の要注意種に指定されているそうだ。

花は夏に咲くが、公園などはその前に処分するのだろう。
どこかに見つからずに咲いていないだろうか。
見つけたら花の写真を載せるから、期待(?)しててね。




ヨーロッパ原産、北アメリカ経由で日本に移入。

--キク科 アザミ属--



空地道草 ムラサキケマン - 2014.04.07 Mon

春はきっかけさえあれば一気に盛り上がる。




     N2343.jpg
      2014.4.1(以下途中まで同じ)


公園で、咲き終えた梅の木の下に咲き始めたのは

ムラサキケマン(紫華鬘)。


まだ若い株は上から見るとこんな姿。

N2340.jpg


花は独特な形と色合いをしている。


     N2346.jpg




     N2349.jpg


つぼみ。

     N2352.jpg



以下は昨年別の場所でみつけた、ムラサキケマンの果実。
これがなかなか面白いのだ。

     N2674.jpg
      2013.5.2(以下同じ)

形はカマキリの前脚みたいだ。


     N2679.jpg

陽の光に透けて種子が見える。

指でそっと触れると・・・パチッ、莢が弾けた。

N2678.jpg

莢が外側にクルクルッと丸まって、種子を弾き飛ばしたのだ。

N2682.jpg

まっ黒なツヤツヤの小さい種子が、あたりにばら蒔かれる。

大きさはゴマよりも小さいくらい。

N2684.jpg



ホウセンカやカタバミに負けない程の勢いで、弾けたよ。




「ケマン=華鬘」は、金属や皮革でできた仏殿などの飾りで、
元々は生花で作った花輪だったらしい。
透かし彫りのような美しいものだが、この花との関連はよくわからない。



--ケシ科 キケマン属--



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yaruqi

Author:Yaruqi
Zubolaの奥、Yaruqi です。
カメラで
昆虫採集、植物採集しています。
東京都市部の住宅地で
どれだけ採集できるかな?

なお、動植物の同定は
正確ではありません。

過去記事も是非!

( 訪問の足跡は『Zubolaですが。』
になるかもしれません ) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫いろいろ (15)
昆虫-チョウ目 (80)
昆虫-ハエ目 (31)
昆虫-ハチ目 (18)
昆虫-カメムシ (41)
昆虫-カメムシ目カメムシ以外 (33)
昆虫-甲虫目 (50)
昆虫-バッタ目 (17)
小動物 (15)
蜘蛛 (28)
鳥 (3)
きのこ・菌類など (1)
単友(単子葉植物の雑草友の会) (13)
空地道草コレクション (97)
どどあっぷ (50)
今月の一点 (16)
Z-形態考 (6)
Z-今夢中 (3)
未分類 (7)

ブロとも一覧


Masami.Tのイラスト・表現館 -Kikkai-

Zubolaですが。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR