2013-03

どどあっぷ No.23 - 2013.03.31 Sun





五平餅を焼こう。











どんびきは・・・






d07448-2.jpg
クリスマスローズの雄しべ(未熟な)


ありあり?アリ?クモ! 130319 - 2013.03.28 Thu

農園のブロック塀をアリが這っていた。
速い速い。
何かくわえているのか頭部が大きく見える。


m07754.jpg


とにかく歩くのが速いのでブレブレの写真ばかり。
そんなブレブレでもアップしたい訳がある。

実はこれはクモ、アリグモのオスだったのだ。


m07758.jpg

上の写真、凹みから上半身を上向きに出している。
丸っこい頭から上に向かって
長い棒みたいなものが2本出ているのがわかる。
これ、上あごだそう。メスは短い。


m07756.jpg

こちらを向いている写真。
2つの丸いのは目。
その手前に上あごがこちらを向いて少し開いている。


m07757.jpg

さらに上あごを開いている写真。

アリグモは「クロヤマアリに擬態している」と書いてあったのだが、
まさに! すぐ近くにクロヤマアリの巣がありアリが出入りしていた。

↓ これがクロヤマアリ。

m07760.jpg


大きさが同じ位なのだ。
クモは脚が8本あり、触角は無い。
アリグモは先頭の脚を前に突き出して歩くので、
触角のように見え、結果6本脚に見える。
メスは上あごが短いので余計にアリに似ているそう。

擬態している理由は諸説あるようだ。
・アリのふりをして近付きアリを食べる(これは根拠がうすいそう)
・アリは蟻酸を持ち食べると不味いので、敵が食べないことを利用。
・餌(昆虫など)が安心して近付くので、そこを狙って食べる。


とにかく動いていれば間違いなくアリに見える。
図鑑では見て知っていたけれど、それでもアリに見えたよ。 -Y-






--節足動物門 クモ網 クモ目 ハエトリグモ科--
--節足動物門 昆虫網 ハチ目 アリ科--


どどあっぷ No.22 - 2013.03.26 Tue





朝のサボテン。











どんびきは・・・





d110606k-2.jpg
若いきゅうり


ゴミムシは何を食べる? 130322 - 2013.03.25 Mon

3日前に小さいコメツキムシを見つけた後に、
甲虫がもう一匹いた。


m07943.jpg


土粒だらけでよく見えないし、すぐに物陰に隠れてしまうので
そっと手に乗せてみた。


m07949.jpg


m07947.jpg


小さいけれどがっしりとした体格だ。
色艶や胸部のあたりがクワガタのような雰囲気。

放したら、そそくさと土の陰に入ってじっと動かない。


m07954.jpg



マルガタゴミムシの一種のようだ。

ゴミムシ、という名はよく聞くが、
てっきりゴミ(腐敗物)をエサとする昆虫だと思っていた。

実はそうではなく、小さな昆虫やカタツムリなどの小動物を食べる。
それらを探してしばしばゴミの中にいるので、
ゴミムシと呼ばれるようになったらしい。


仕方ないけどちょっと可哀想かな。 -Y-





--甲虫目 オサムシ科 マルガタゴミムシ亜科--


どどあっぷ No.21 - 2013.03.24 Sun





航空写真。











どんびきは・・・






d06703-2.jpg
枯葉


アブラムシの逆立ちみっけ! 130323 - 2013.03.23 Sat

ベランダの目隠しの隙間から、
お隣のもみじの枝が入り込んできていた。
こんなふうに。


     m08056.jpg


新芽がきれいなので見ていたら、
赤茶色のアブラムシがいっぱい。つぼみにも。
水滴のように見えるのは、アブラムシが尻から出す汁。
甘いのでアリの大好物だ。


m08034.jpg


盛んにもそもそと動いている。
懸命に尻を上げてまるで逆立ちをしているようだ。
面白くて見入ってしまった。


m08028.jpg


こんな黒っぽいのもいる。


m08073.jpg


モミジニタイケアブラムシ という種類だった。

この名前、さっぱり訳がわからない、区切りはどこ?

漢字で表すと、紅葉二態毛アブラムシとなるそうだ。
アブラムシには住処(食料=植物の汁)とする植物名が付くものが多い。
どれだけ種類があるんだ?である。

だから「紅葉」はモミジの仲間の植物に付く種類、
「二態」は活発な夏とそうでない季節で姿がまったく違う、
「毛」は文字通り体に毛が生えている、を意味する。
(3枚目の写真の下側に毛が見えている。)


ややこしいけれど、逆立ち姿が可笑しいのは確かだ。 -Y-



--カメムシ目 アブラムシ科 ケアブラムシ亜科--



ちなみにこれが紅葉の花。
     m08046.jpg



4ミリしかないコメツキムシ 130322 - 2013.03.22 Fri





農園のすみっこで何かいないか土をつついていたら
小さな小さな甲虫が出てきた。
すごい速さで動きまわるので写真はブレブレ。


m07998.jpg

すぐに土に潜るので指で掘り出して(すまん!)いたら裏返ってしまった。
その途端、ピンッと跳ね上がって着地して逃げた。

それで分った、コメツキムシだ!

ほんの4mm程の小さい体で5cmも跳ねた。

マダラチビコメツキ。

体の色合いはかなり幅があるそう。
ここにいた中でも黒い部分の割合の違うものがいた。
↓ こんな感じ(頭は土粒の下に隠れている)。

m08010.jpg

m08007.jpg

幼虫はイネ科やマメ科の牧草の根を食べる害虫とされる。

ボケボケだが頭部はこちら。

m08002.jpg


子どもの頃、コメツキムシ(コメツキバッタと呼んでいた)で
さんざん遊んだ経験のある人は多いのでは?
もちろんこんなに小さいのではなく、12〜3mmの黒い種類。

裏返すと体を逆海老反りにし、素早く反りを戻す反動で
ピチン!という音と供に跳ね上がり、脚を下にして着地する。
それを素早く捕まえてまた裏返しに置く。
ピチン!と跳ね上がりる、また裏返す、を何度もくり返して遊んだ。
10回もするとさすがに虫も疲れて動かなくなるので、放してやった。

たまにしか見つからない虫なので、
見つけたら最後、子供たちの遊び道具となっていた。

今でも数年に一度くらいはベランダで見つかる。
もちろん裏返す私です。 -Y-






--甲虫目 コメツキムシ科--


単友 スズメノカタビラ(雀の帷子)130319 - 2013.03.19 Tue

久しぶりの〈単友〉です。
暖かくなってきて「雑草」もぐんぐん成長してきました。


スズメノカタビラ。

tt07726.jpg

花穂。
     tt07729.jpg


まだ少ないが花も咲いていた。
     tt07730.jpg


単友を始めたはいいけれど、調べるほどに訳が分らなくなってきた。
とにかく似たものだらけなのだ。
かなり細かいところが判断材料になっている。
結論として、素人には正確な同定は不可能だとわかった。
無謀な試みだったのです。

そこで、かなり無責任に事を進めることにした。
(止めるんじゃないのって?)
あくまでも趣味というか楽しみなので、いい加減に見てください。 -Y-





名前の由来:雀は「小さい」の意。
      花序を単衣に見立てたとも言われるが真意は不明

単子葉植物網 イネ目 イネ科 イチゴツナギ属
-006-


どどあっぷ No.20 - 2013.03.18 Mon





海底-2。











どんびきは・・・






d07421-2.jpg
葉ぼたん


春の祝い カエルの卵 130317 - 2013.03.17 Sun

いつも昆虫や植物の写真を撮らせていただいている
クレマチスさんからの電話。
「池にカエルの卵があったわよ。」
「今すぐ行きます!」ととんで行った。

ついでに始末も頼まれる。
バケツにすくってドブに流すんですが・・・。

私としてはそのままにしておきたいがそうもいかない。
まあ、ちぎれて池の底にいくらか落ちたから
それが孵るのを待つとしましょう。

このヒモ状の卵塊はヒキガエルの仲間、
たぶんニホンヒキガエルだ。


     m07646.jpg

池の水はまだまだ冷たかったが
道具を使うとかえって取りにくいので素手で。

子どもの頃以来の作業だ。

m07651.jpg

そうは無い機会だから写真はちゃんと撮らないと。

m07663.jpg

カエルの卵だということを、一時忘れてみてください。
とぅるんとぅるんの中に浮かんでいるこの感じ。
何とも不可思議な感覚。



毎年の、カエルの産卵という出来事が
春が来たうれしさの頂点のように、感じられる。 -Y-



※ニホンヒキガエルはこれ(同じに庭で昨年撮影)
m00299.jpg


--脊椎動物門 両棲綱 無尾目 ヒキガエル科--



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yaruqi

Author:Yaruqi
Zubolaの奥、Yaruqi です。
カメラで
昆虫採集、植物採集しています。
東京都市部の住宅地で
どれだけ採集できるかな?

なお、動植物の同定は
正確ではありません。

過去記事も是非!

( 訪問の足跡は『Zubolaですが。』
になるかもしれません ) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫いろいろ (15)
昆虫-チョウ目 (78)
昆虫-ハエ目 (31)
昆虫-ハチ目 (17)
昆虫-カメムシ (41)
昆虫-カメムシ目カメムシ以外 (33)
昆虫-甲虫目 (48)
昆虫-バッタ目 (17)
小動物 (15)
蜘蛛 (28)
鳥 (3)
きのこ・菌類など (1)
単友(単子葉植物の雑草友の会) (13)
空地道草コレクション (97)
どどあっぷ (50)
今月の一点 (15)
Z-形態考 (6)
Z-今夢中 (3)
未分類 (7)

ブロとも一覧


Masami.Tのイラスト・表現館 -Kikkai-

Zubolaですが。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR