2012-11

ミミズコンポストに適したミミズ 121125 - 2012.11.30 Fri

グンと寒くなってきたので
畑のまわりで虫たちの姿をあまり見なくなってきた。

畑の横に、2m x 1.5m 深さ1.2m程の
野菜屑を捨てる大きな穴がある。
2、3年ごとに土をかぶせて埋め、
隣に新しい穴を掘るとのこと。
埋めた穴の部分は栄養たっぷりの土になる。

こんなところには何かいるだろうと、
晴れた日に、野菜屑をめくってみた。

ぉお〜! いたいたミミズがいっぱい!


m05314.jpg


m05317.jpg



でも、土を掘って出てくるよく見るミミズとちがう。

シマミミズ

という、ミミズコンポストに最も適している種類だった。
コンポストは生ゴミや植物などから堆肥を作るわけだから、
居るべくしてあの穴に居たわけだ。

土の中によくいる、ツルンとしたミミズを生ゴミに入れても
あまり役に立たないとのこと。

上の写真はまだチビだが、太いのは長さ10cmほど。 -Y-







--環形動物門 貧毛綱 シマミミズ科--


白い蛾 フタツメオオシロヒメシャク 111126 - 2012.11.28 Wed


m05745.jpg


     m05753.jpg


m05755.jpg


昨年のちょうど今頃、畑のキャベツの葉に来ていた、
開張30数ミリ程の、フタツメオオシロヒメシャク。

白い蝶はきれいなうえに目立つので、
何種類か撮っています。 -Y-





--チョウ目 シャクガ科 ヒメシャク亜科--


あっ、写ってた!ハエの大事な部分 121016,1028 - 2012.11.26 Mon





10ミリ程のちょっと変わったハエ、ヒメフンバエ。

小動物のフンを食べるのは幼虫のときだけで、
成虫は肉食で小さな虫を食べる。

上の写真はメス。

下の3枚がオス。
オスは体に黄色い毛がボウボウと生えている。

m04321.jpg

m04323.jpg

m04325.jpg


そして、そして!

一番下の写真をよ〜く見てください。
腹部の横、羽の下に
先が平に膨らんだ細い棒状のものが見えるでしょ。

これは「平均棍(へいきんこん)」といって
ハエの仲間「双翅目」独特の器官だ。

昆虫の羽は基本的に左右各2枚づつ、計4枚ある。

「双翅目」では前翅のみ各1枚計2枚なのだが、
左右の後翅が変化したものがこの「平均棍」。
飛ぶ時に前翅の羽ばたきと一緒に震える。
そしてこの「平均棍」を取ってしまうと、
ハエは飛べなくなるそうだ。


「平均棍」の存在は前から知っていて、図や写真などでは見た事はあった。

でも自分の撮った写真にはっきり写っているなんて!
ついさっき気がついて、飛び上がって喜んじゃいました。

そして、喜びついでにアップしたのでした。
明日まで待てなくて! -Y-






--ハエ目 フンバエ科--


ひなたぼっこ 冬のハエ 121121 - 2012.11.26 Mon





午前中、陽がガンガン当たるコンクリートの壁。
畑の西端にある。

オオクロバエが体を温めていた。
やや大きめのハエで、陽当たりでは冬でも見かける。


m05140.jpg
これはメス。


m05142.jpg
近くの葉の上にいたオス。



この壁では、さまざまな虫やトカゲが
ひなたぼっこする姿を見ることができる。

蜂、蝶、蛾、バッタ、カメムシ、甲虫、などなど
ここで体を温めて活動開始するようだ。

寒い冬は私もこの壁の前に立って暖まるのです。 -Y-






--ハエ目 クロバエ科--


でっかいお腹のハムシの母ちゃん 121125 - 2012.11.25 Sun





畑のすみで見つけたヨモギハムシのメス。

硬い前翅からお腹がはみ出している。
卵でパンパンなのだ。
この塊を丸ごと草に産みつける。
ハムシの仲間には多いそうだ。


実は私、この写真を一度捨てたのだ。
写真にとったものの、他の昆虫(ハチなど)に
寄生されていると思ったから。
昆虫大好きな私も、このたぐいの事は苦手なのだ。

ところが別の虫の同定作業をしていたら
たまたま同じ状態の写真が出てきた。
何の事は無い正常な習性だったのだ。

「あ”〜!わ〜!捨てちゃった〜〜!!」と叫んだ私。
「ゴミ箱にあるんじゃない」と至極冷静なZであったのだった。

じゃんじゃん! -Y-






--甲虫目 ハムシ科--

可愛いから再登場の子カメムシ 121121 - 2012.11.24 Sat





5日にアップしたアオモンツノカメムシの幼虫

いい感じの一枚が撮れたので。 -Y-


爽やかめなカメムシ 120909 - 2012.11.23 Fri





アカホシカスミカメムシ。
8ミリ程。
触角が長くて細身で軽〜い感じ。


カメムシって暑苦しい姿が多い気がする。 -Y-





--カメムシ目 カスミカメムシ科--

続いてチャドクガ登場 121001 - 2012.11.22 Thu

昨日のアメリカシロヒトリに続いて
ぐっと身近の悪役、チャドクガ(茶毒蛾)。


m04593.jpg


幼虫はよく見ていたけれど
蛾の姿を知らなかった私は、この蛾を見つけた時、
櫛形の触角がすてきなので写真に撮った。


     m04597.jpg


見事だ。

後で調べてチャドクガだと分り、
辛い目にあった人も多いだろうから
アップするのをためらっていたのです。

しかし昨日アメリカシロヒトリを出したからには
こっちも出さなければ! と思い立った訳です。

ついでに横からの姿も。


     m04596.jpg


皮膚炎をおこさせる「毛(針)」は幼虫だけでなく
成虫になっても残っていて同様の毒を持っている。
抜け落ちた毛も同じというからタチが悪い。

父が椿が好きで実家の庭に何本もあり、
チャドクガの幼虫がみつかると
「Y子ちょっと来てー!」と母に呼ばれる。
毛虫退治は私か父の役目で、母と弟は全然ダメ。

殺虫剤を使うという発想の無かった私は、
下に新聞紙を広く敷いて、帚の柄で枝をとんとん叩き、
毛虫を下に落とす。
糸を引いてポトポトと全部落ちるまで叩き、
そおっと新聞紙を丸めてカンに入れて燃やした。

今にして思えばずいぶんいい加減な、
スキだらけの駆除法だった。
一度もかぶれなかったのはキセキかもしれない。 -Y-




-チョウ目 ドクガ科--

帝王の風格 アメリカシロヒトリ 120506 - 2012.11.20 Tue


m08471.jpg


悪名高きアメリカシロヒトリ(白火取)。

この貫禄は見事だ。

まるでまっ白な毛皮をまとったような胸部。
ちょっと角度を変えてアップでどうぞ。


     m08472.jpg


夜行性の昆虫で光りに集まるものは多いが、
その習性が際立っているのが「火取蛾」の仲間だそうだ。

光の周囲をくるくるとらせん状に飛びながら近付き、
それが燃える火であった場合は、
しばしば飛び込んで死んでしまう。

それで「火取・灯取・火盗・・・・」となったらしい。

姿といい、カッコ良すぎるやつだ。 -Y-






--チョウ目 ヒトリガ科--


ハマキガの仲間の蛾たち 120627,0811,1112 - 2012.11.19 Mon


m00259.jpg


m01581.jpg


m04990.jpg


ハマキガ科の蛾だと思われます。

どれも10mmちょっと。
派手な色の種類もありますが、たいてい地味なので
同定しようと熱心に調べても
自信を持ってこれだ!と決められません。

とはいえ、確かに「ハマキ」みたいですよね。 -Y-






--チョウ目 ハマキガ科--

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yaruqi

Author:Yaruqi
Zubolaの奥、Yaruqi です。
カメラで
昆虫採集、植物採集しています。
東京都市部の住宅地で
どれだけ採集できるかな?

なお、動植物の同定は
正確ではありません。

過去記事も是非!

( 訪問の足跡は『Zubolaですが。』
になるかもしれません ) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫いろいろ (15)
昆虫-チョウ目 (79)
昆虫-ハエ目 (31)
昆虫-ハチ目 (17)
昆虫-カメムシ (41)
昆虫-カメムシ目カメムシ以外 (33)
昆虫-甲虫目 (49)
昆虫-バッタ目 (17)
小動物 (15)
蜘蛛 (28)
鳥 (3)
きのこ・菌類など (1)
単友(単子葉植物の雑草友の会) (13)
空地道草コレクション (97)
どどあっぷ (50)
今月の一点 (16)
Z-形態考 (6)
Z-今夢中 (3)
未分類 (7)

ブロとも一覧


Masami.Tのイラスト・表現館 -Kikkai-

Zubolaですが。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR