2017-07

草苺の森のクサグモ - 2017.04.09 Sun

クサイチゴがたくさん生えている、公園の森。

その森の下草の間のそこら中にこんなクモがいる。



N4885-1.jpg
 2015.9.16(3枚)


垂直でなく水平に棚状の網を張るクモ。



N4888-2.jpg



コタナグモ(小棚蜘蛛)。

体長は足を入れないで10mm程。
頭胸部の中央に白い帯がある。
その左右の暗色部分に放射状の白い線があるのが、クサグモ。
もう少し大きい「クサグモ」にはその線が無いそうだ。



N4886-3.jpg


腹部の大きさからたぶんメスだと思う。


↓ 別の個体。


N5202-4.jpg
 2015.10.4(2枚)





N5204-5.jpg



この森では他のクモも見るが、クサグモの次に多く見つかるのは
何といってもカタハリウズグモだ。(過去記事:12


クモは面白いよ。





--クモ綱 クモ目 タナグモ科--  分布:全国
HK



オス・メス揃ったネコハエトリ - 2017.04.01 Sat

昨年の七月につつじの木の葉上で見つけた、6〜7mmのクモ。

ハエトリグモの仲間のようだ。



 2016.7.24

調べてみたら、2015年に記事にした、

ネコハエトリ(猫蝿取蜘蛛)のメスだった。

その時はオスで、メスも見てみたいなぁと思っていたのだ。


N6903b.jpg


いかにもハエトリグモといった顔つき。
たぶんまだ若い個体なのか腹部がメスの割に小さい。


N6902.jpg


背中の模様はこんな。 ↑ (ちょっとピンボケ)



ちなみにオスは頭胸部が真っ黒だ。 ↓


N1509b-2.jpg
 2015.4.22




蜘蛛にしろ昆虫にしろ、
メスとオスの両方をブログに載せることが出来ると、何だかうれしい。

「何だかうれしい」にはもうひとつ、幼虫と成虫の両方というのもあるな。





--クモ目 ハエトリグモ科--  分布:本州以南
H2



天幕を張るクモ - 2016.11.24 Thu

公園の木漏れ日の下、木の葉の上に陽光をあび白く輝くもの発見。




    
      2016.11.4

わりとよく見かける ネコハグモ(猫葉蜘蛛) の巣だ。

大きさは長手で10mm程。
以前にもブログにアップしているけれど、その時は巣は留守だったっけ。



N7785.jpg



運良くこの時は白い膜状の網の下に
小さなクモが脚をたたんでじっと隠れていた。

周囲に張った糸に獲物が掛かると
飛び出していって確保するらしい。



     N7787.jpg



ちょっと葉に触れてしまったら
警戒したのか天幕のすぐ裏に移動してしまった。

飛び出して来ないところをみると
獲物が掛かったときの振動ではないのが分かったんだ。

よく判るなあ、
なんて言ったらこの道のプロに失礼だな。

作りたてなのか天幕の形がくっきりと美しかった。






--節足動物門 クモ網 クモ目 ハグモ科--  分布:ほぼ全国
HK



ゴミで目眩まし! - 2016.11.14 Mon

草はらや木陰でこんなのを見たことはない?



     N7830b.jpg
      2016.11.12(2枚)

これはゴミグモの仲間の網だ。


N3758b.jpg
 2015.7.7(2枚)


自分の脱皮した殻や、食べた(吸った)後の虫の死骸などを

網に一列に並べておいてその先や途中に、じっとしているクモ。

どれがゴミでどれがクモか分からない。


N3760b.jpg


ゴミグモの仲間はたくさんいるが、今日のこれは

マルゴミグモ(丸塵蜘蛛)のようだ。

背中の模様がすばらしい。


     N7831b.jpg


色やその濃さ、模様の具合が個体により差があるがこれは凄いよね。

脚を畳んでいるこの状態で5mm程。
ゴミのほうが大きいよね。
こんな網を見かけたらクモを探してみて。






--クモ目 コガネグモ科 ゴミグモ属--  分布:南の地域のクモ
HK

 ※過去記事、ギンメッキゴミグモ




ワカバグモの眼 - 2016.03.21 Mon

春うららな昨日、木の葉がこんなふうに丸まっているのを
中に何かいるのかな〜と開いてみた。



 2016.3.20


いたいた、きれいな緑色のクモが。

ワカバグモ の幼体だと思われる。(過去記事



N5793.jpg



丸めた葉の中で冬越しをしていたのだろうか。
別の葉にも別種のクモがいたけど素早く逃げられた。


光の加減か眼が思いのほかクリアに写っていてうれしくて・・・
拡大して載せちゃう。↓

N5791.jpg


クモの眼は昆虫と異なりすべて単眼。
基本は8個(4対)で、6個、4個、2個、0個のもいるって。

たくさんの眼があって視界が広そうだが
クモの視力は明暗や動きに反応する程度らしい。
ハエトリグモの仲間などは特別で、顔の全面に大きな眼が並んでいて、
他のクモに比べてよく見えるそうだ。

人間以外の生き物の「見える」という感覚は想像がつかない。
本などでどんなに説明されても、実感することは絶対にできないだろうなぁ。



網を張るタイプもうろつきながらエサを獲るタイプも、
クモが獲物の存在を知るのは、体に伝わる振動などによるところが大きい。






宙に浮く小枝・・・? - 2016.01.26 Tue

昨年の秋のこと。
畑のブロッコリーの葉と葉の空間に浮いている,何かが。



N5430.jpg
 2015.10.31


なんだと思う? 何に見える?



N5431.jpg



行儀の良く左右の前脚を、左右2本ずつピンと揃えてる。



N5433.jpg



そろそろ判ってきた? そうそう、クモなんですよー。



N5434.jpg



その名も アシナガグモ

アシナガグモにも色んなのがいるけど、厳密には分からない。
脚を入れないで体長8mm程だったかな。



N5435.jpg



腹を上に向けて、細いアミの下面に貼り付いている状態。
お腹に白い点々があるのはわかるけど、
どうしても背中側を見ることができなかった。



     N5443.jpg



まるで浮かんでいるようだけど、角度をかえたら見えた。
ちゃんと葉と葉の間にアミを張っていたんだ。

初めて見るクモでうれしかった。
次はぜひ背中側を見せて欲しい。






--クモ目 アシナガグモ科--  分布:全国
TN



女郎蜘蛛つづき 糸 - 2015.10.28 Wed

張りたてのジョロウグモのの網。



N5321 (1)1020あ-15






N5324 (1)1020あ-16






N5329 (1)1020あ-17






N5335 (1)1020あ-18





本当にクモは、美しい図形を創るなあ。





____

クモの出す糸は何種類かあるそうだ。

なぜクモは自分の張った網の上をスイスイと歩けるのか。
自分が糸にくっ付いちゃわないのか。

糸に付かない物質が足先から出ている、らしい。

一方、放射状の糸には粘りが無く、
円を描く横糸には粘り気のあるものが付いている、という。

脚の裏については分からないけれど、少なくともこの網、
横糸に水滴状の粒が並んでいるのが見える。





女郎蜘蛛の季節 - 2015.10.28 Wed

・・・長いことサボってしまったので、今日はぐっと派手な記事を。




青空にくっきりと浮かぶクモ影。大きい。


     N4974-0912-1.jpg
      2015.9.22(2枚)

ジョロウグモ(女郎蜘蛛)のメスだ。


N4977-0912-2.jpg


秋はジョロウグモの産卵の季節なので、あちこちで出会う。

張る網も大きく、この巣は長い方で2メートルほどもあった。
同心円状の網1枚だけでなく、その前後にも複雑に網を張る。

お腹が卵で大きく膨れ、派手な模様とくに腹側の赤い色が目立つ。
腹部だけで縦15mmくらい。



以下の写真は同じ個体の20日程後の姿。

     N5227-1010-3.jpg
      2015.10.10(4枚)

一段とお腹も大きくなり、最高の条件の場所に張った網には
たくさんの獲物の残骸が糸でぐるぐる巻きになって付いている。


     N5247-1010-4.jpg


そのせいで網もかなり乱れていた。

下はお腹側から見た姿。

     N5229-1010-5.jpg



大きい体と大きい網だけあって、骨組みになっている糸はとても丈夫だ。

     N5258-1010-8.jpg

腕をうっかり引っ掛けたくらいではびくともしないし、
試しにギターの弦のように弾いてみても切れない。



・・・ここで比較のために、

卵を持たない時期のジョロウグモを載せてみる。
(もしかしたら幼体かもしれないけど、模様からみてメスだろうと思う。)

背中側。       2012.8.11
01594-120811-6.jpg

お腹側。
     N7021-130724-7.jpg
      2013.7.24


さて、

乱れた網から10日後、網はすっかりきれいに張り直されていた。


DSCN5323 (1)1020-9
 2015.10.20(6枚)


ここで遅ればせに、彼女の夫を紹介しよう。


     N5300-1020-10.jpg

メスの右上にいるでしょう? ちっちゃいのが。


近寄ってみる。華奢でとてもおとなしそうな、これがオスのジョロウグモ。

     N5286-1020-11.jpg


わたしの人差し指と比較してみてね。


N5316 (1)-1020-12




折角だからお尻もアップで見せちゃう。
盛り上がった部分は糸を出すところ。
何か複雑そうだから、排泄物の出口とかもあるのかもしれない。

N5309-1020-13.jpg



頭から胸にかけての内側の部分。

N5313-1020-14.jpg

右の1本目の脚が欠けている。



この数日前、この辺りを(畑の周辺)スズメバチが1匹うろうろ飛んでいた。
わたしは少し離れて見ていたのだが、いきなりジョロウグモに猛烈なアタック!
手前に張った糸が邪魔したのか捕まえられず、ジョロウグモは下に落ちた。

スズメバチが去るのを待って現場に行ってみたところ、
ジョロウグモは落ちた草の間にじっとしていた。

その時に脚が1本欠けてしまったのかも...などと思ったりする。



25日に見てみたら,網もジョロウグモの姿も無かった。
無事に生きていれば近くに卵(卵塊)を産みつけたかもしれない。

そして一生を終えるのだそうだ。




網がとても美しかったので、次回につづく・・・。



--クモ目 ジョロウグモ科--  分布:本州以南
TN


面白。ハエトリグモの顔 - 2015.08.02 Sun

10日以上ご無沙汰しました。



そこで本日はクモ好きには大人気の、ハエトリグモの顔を・・・。



N3898.jpg
 2015.7.16

アルミサッシの枠にいた、
まだ幼体(昆虫は幼虫、クモは幼体と呼ぶ)のハエトリグモ。


まだほんの4mmくらいのおチビだが、堂々としたこの顔。


     N3899.jpg


クモは昆虫のように複眼は無く、単眼が8個(例外もあり)ある。

ハエトリグモの特徴的な顔は、何といっても正面に並んだ大きな4つの単眼だ。

特に中央の2つがデカい!


     N3900.jpg


上から見ると側面にの小さな単眼が愛らしい。
合計8個だとすると足りないが、2つは小さくて毛に隠れているのだろうか。


たぶん、以前に載せた シラヒゲハエトリ の幼体かと思うがどうかな。

ネコハエトリ の顔もどうぞ。

そうそう、アリグモ もハエトリグモの仲間だから似たような顔だ。



ハエトリグモは網は張らずに,うろつきながらエサを捕まえる。
その為の大きな目玉なのだろう。


[調べて分かったコト]
複眼(小さな個眼の集まり)を持つ昆虫は形をある程度認識できるらしいが,
クモの単眼は8個(=4対)がそれぞれの役割を持ち,
それらを総合して周囲を見る(認識する)とのこと。



ともあれ、傑作な顔である。




--クモ目 ハエトリグモ科--
H1




アダンソンハエトリ - 2015.07.08 Wed

不思議な名前のクモ。
普通にどこにでも、家の中にもよくいるクモ。


05113.jpg
 2011.10.29(一枚)

昔からたまに見かけて気にもしなかったくらい。

図鑑で名前を知り、改めて興味をもった。
名前が示すようにハエトリグモの一種で、歩き回って小さい虫を狩る。

上の写真はベランダ、以下の写真は箪笥の引き出しを這っていた。


     N2721-2.jpg
       2015.5.18(以下同じ)


体長は5〜6mmほど。(↑は右が↓は左が頭)
目立つ白い帯模様と後方の2つの白点、触角も白い。

けれどその特徴はオス独特のもので、
メスは全体に何となく茶色っぽいということを最近知った。


     N2729 (1)-3


長い間、メスには目もくれてなかったわけだ。
ごめんよーこれからは注意して見るからね。


     N2726-4.jpg


ちょっと威嚇のポーズ。

「アダンソン」の意味は調べてもわからなかった。





--クモ目 ハエトリグモ科--  分布:全国
H1



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yaruqi

Author:Yaruqi
Zubolaの奥、Yaruqi です。
カメラで
昆虫採集、植物採集しています。
東京都市部の住宅地で
どれだけ採集できるかな?

なお、動植物の同定は
正確ではありません。

過去記事も是非!

( 訪問の足跡は『Zubolaですが。』
になるかもしれません ) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫いろいろ (15)
昆虫-チョウ目 (79)
昆虫-ハエ目 (31)
昆虫-ハチ目 (17)
昆虫-カメムシ (41)
昆虫-カメムシ目カメムシ以外 (33)
昆虫-甲虫目 (50)
昆虫-バッタ目 (17)
小動物 (15)
蜘蛛 (28)
鳥 (3)
きのこ・菌類など (1)
単友(単子葉植物の雑草友の会) (13)
空地道草コレクション (97)
どどあっぷ (50)
今月の一点 (16)
Z-形態考 (6)
Z-今夢中 (3)
未分類 (7)

ブロとも一覧


Masami.Tのイラスト・表現館 -Kikkai-

Zubolaですが。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR